設備資産管理システムFLiPS

管理単位

情報の管理単位



FLiPSでは各種情報を、
オブジェクト、タスク、イベント
の単位で管理しています。




情報の管理単位


情報整理

テンプレート



オブジェクトテンプレート


オブジェクトの雛形となる情報で、

使用する項目を、オブジェクトごとに設定可能です。



タスクテンプレート


タスクとそのタスクに登録するイベントの
雛形となる情報で、

タスク、イベントで使用する項目、
タスクからイベントにコピーする項目、

ステータス、ステータスのマーク等を設定可能です。





テンプレート

イベント

定期イベント



定期的な作業は、開始日と周期を設定しておくと、
指定の機関について、自動で作業予定日を計算して、定期イベントを作成できます。




定期イベント

階層設定

階層表示



表示項目や階層数等を設定し、
目的に応じて、オブジェクトとタスクの情報を
階層化することが可能です。




階層設定

シミュレーション

シミュレーション



イベントの作成、変更、削除や、
イベントの持つ情報の変更を行った場合、

集計項目の値がどのように変化するのか、
シミュレーションを行うことができます。




シミュレーション


シミュレーション中に行った変更は、
サーバーには反映されず、

シミュレーションモードを終了すると破棄されます。

帳票出力

Excel帳票 出力



FLiPSに保存されている情報を、
任意のフォーマットのExcel帳票で
出力することが可能です。




Excel帳票出力

出入力

インポート、エクスポート



オブジェクト、タスク、イベント、マスタ情報は、
CSV形式のファイルでのデータ出力、
およびデータ入力・更新が可能です。




インポートエクスポート

グラフ

グラフ作成機能



イベントに登録されているデータをもとに、
グラフを作成することが可能です。




グラフ作成機能