wavefront-banner

トップページ > 設備保全管理ソリューション > 信頼性評価 > Reliability Workbench > 安全性評価

Reliability Workbench incorporating FaultTree+

Safety Assesment(安全性評価)モジュールの機能を説明します。

戻る

Safety Assesment : 安全性評価

対象システムについて、安全性評価やハザード分析の一元管理が可能です。

安全性評価モジュールの主要機能

  1. SAE ARP 4761やISO 26262(ASILレベル)等で実施する安全評価やハザード分析を一元管理可能
  2. SSA(System Safety Assessment)支援
  3. FHA(Function Hazard Assessment)支援
  4. 各ハザードの検証モデルとしてFMECA,FTA,RBD,Markov分析の選択が可能
  5. 開発製品に対する要求と分析結果比較を一覧形式表示
  6. 作成したモデルのライブラリ化機能
  7. 機能に対し、ハザード、影響度、環境、フェーズ、検知方法、他の検討
  8. 影響度と発生確率の関連付け
  9. 検証モデルによる結果(発生確率)の反映・評価
  10. 機能(Function)の階層化
  11. Criticality Matrix表示
  12. 予備項目を用いたユーザ定義項目の追加
  13. CSVやスプレッドからのインポート
  14. CSVやスプレッドへのエクスポート

FHA (Functional Hazard Assessment)のサマリー例


FHAサマリー(クリックで拡大)

検証モデルとして関連付けられたフォルトツリーの例


FHAサマリー(クリックで拡大)

検証(Verification)結果例


Verification(クリックで拡大)

SSA(System Safety Assessment)の例


SSA(クリックで拡大)

戻る