wavefront-banner

トップページ > 設備保全管理ソリューション > 信頼性評価 > Reliability Workbench > マルコフ分析

Reliability Workbench incorporating FaultTree+

Markov(マルコフ)分析モジュールの機能を説明します。

戻る

Markov : マルコフ分析


マルコフ分析 状態遷移図の例 (クリックで拡大)

依存関係の強いコンポーネントで構成されたサブシステムの信頼性およびアベイラビリティを、状態遷移図を用いて(設定して)計算します。 待機系をもつシステム不稼働率、共通の保守要員や予備品 (汎用品) の限界数の計算などに使われます。

マルコフ分析の主要機能

  1. GUI による状態遷移図の生成
  2. ダイアログによる簡単なフェーズ分け (ミッション分割)
  3. 入力データの整合性チェック
  4. 時間依存状態遷移率のモデル化
  5. 反復するデータのためのグローバルパラメーターの設定機能
  6. 広範囲な確率および頻度の計算
  7. 時系列グラフ表示
  8. 不信頼度を他のモジュールで参照化
  9. 作成したモデルのライブラリ化機能

以下にフォルトツリーとマルコフ分析の連携を示します。


FTA-マルコフ連携 (クリックで拡大)

上図の例は、フォルトツリーで示された電源二重化をマルコフ分析の状態遷移図で置き換える例を示しています。

戻る