wavefront-banner

トップページ > 設備保全管理ソリューション > 信頼性評価 > Reliability Workbench > FMECA

Reliability Workbench incorporating FaultTree+

FMECA(故障モードと影響及び致命度分析)モジュールの機能を説明します。

戻る

FMECA/FMEA/FMEDA : 故障モードと影響および致命度解析、他


FMEDA (IEC61508)の例 (クリックで拡大)


FMEDA (ISO26262)の例 (クリックで拡大)

FMECA モジュールは MIL-STD-1629A, BS 5760 Part 5, GJB 1391-92, AIAG FMEA 3, SAE J1739, ARP5580 様式のFMECAレポートを作成できます。 また、必要に応じてユーザが様式をカスタマイズできます。

FMECAモジュールの主要機能

  1. 故障モードと影響に関する分析 (Failure Mode and Effects Analysis)を支援
  2. RPN(Risk Priority Number)とアクション実施後のRPN計算
  3. IEC61508(機能安全)支援
  4. ISO26262 FMEDA支援
  5. 致命度(Criticallity)分析支援
  6. 故障率配分テーブル管理
  7. ユーザ独自項目や様式への対応のための予備項目の保持
  8. EXCELやCSV形式のFMEA/FMEDAシート(ユーザ書式)のインポート/エクスポート
  9. 作成したモデルのライブラリ化機能

RPN(リスクプライオリティナンバー)設定用故障モード属性設定ダイアログ


故障モードへのRPN因子設定

IEC61508/ISO26262対応のFMEDA、 危険側故障率、自己診断率、安全側故障率、検出不可能な危険側故障率、 検出可能な安全側故障率、検出可能な危険側故障率などの表示調整や、項目の追加削除が可能です。


FMEDA(ISO26262) (クリックで拡大)

機能安全向パラメータ設定用故障モード属性設定ダイアログ


故障モードへの自己診断率パラメータ設定

戻る